「世代別収納」とは、「そこに住む人の年齢や性格・行動パターンに合わせて収納システムを作り上げる」ということです。

例えば、小さな子どもは月齢・年齢よって行動がどんどん変わっていきますよね。「昨日まで出来なかったことが、今日は出来るようになる」からです。しかし、同時に収納方法も変えていかないと誤飲や転倒などの事故が起こる可能性があります。そして、同じ年齢でも性格によって行動パターンは変わるので、どんな動きをするか、しっかりと分析・予測し、安全対策を行ったうえで、収納方法を考えることがとても重要です。

また、小さな子どもに関係なく、人には「これなら出来るけれど、これは出来ない」という行動パターンがあります。これは、性格に加え、年齢や体力・背の高さなどでも、変化していくので、そこを理解・分析し「出来る収納方法」にすることも大切です。

世代別収納」とは、家族1人1人と向き合い、理解し、歩み寄るという思いやり」がベースにある収納方法であり、単なる収納術の枠を超え、「強い絆の家族を作ることが出来る収納術」なのです。